FC2ブログ

メルマガ【5回目】曜日の特性を掴むことで勝率を上げる方法

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

メルマガ【5回目】曜日の特性を掴むことで勝率を上げる方法

FX相場は僕のATM~極秘レポート

長年FXを研究してきて、ブログでは書くことのできない極秘のFX手法を無料で紹介するメルマガ。
------------------------------------------------------------------------

弟4回目のメルマガは、曜日の特性をご紹介する。


FXの各国の市場にはそれぞれの特徴があり、これらをよく観察することで極めて優位にトレードすることが可能だ。

僕の取引手法の1つとして、各市場を日足の概念で捉えてトレードする手法がある。

例えば東京時間を7時~16時とすると、7時が始値で16時が終値の日足のローソクが出来上がる。

これを単純に始値で買って終値で売るというようなトレードを行うのである。

このトレードの良いところは、決まった時間に注文を入れ、決まった時間に手時舞うだけのとてもシンプルなトレードができることである。

東京時間を例にとれば、朝の7時にエントリー注文を入れ、16時なったら決済注文を入れるという具合に、その間はチャートを見る必要は全く無い。

225先物のトレードでよくある、寄り引けトレードと同じだ。

先物の場合は、ちゃんとした市場があり、寄付き前に成行き注文を行い、その後大引けで決済する引け成りという注文を入れれば15時10分の大引けにはちゃんとその値段で決済してくれるので、ほったらかしのトレードができる。

しかしFXは時間の区切りがないので、寄付きや大引けの注文というのができないが、違いはそれだけで予めエントリーと決済の時間が決まっているので、その時間だけ注文すればOKだ。

すでに実施している方もいると思うが、FXの日足を利用したトレードではNYの終値を基点にした日足データを使うことが多い。

大体朝の7時を基点にした始値と終値のローソクができるので、朝の7時に1回のみエントリーと決済の注文をすれば良い。

僕もNYの終値を基点にした日足のトレードをしばらくやっていたが、現在はもっとリスクが低く効率の良い日足のトレード方法を見つけたので少しご紹介しよう。

この手法もいつものようにシンプルだ(笑)

では早速ご紹介しよう。


東京、ロンドン、NYを3つの時間帯に分ける。

●東京7時~16時

●ロンドン16時~22時

●NY22時~7時


それぞれの市場がオープンする時間にエントリーし、終わる時間に決済するだけだ。

ではどうやって売り買いの判断を行うか?

例えば、NY時間の日足が陽線で終わると次の東京時間の日足も引き続き陽線で終わる確率が高いとしよう(あくまでも例なので有効性は検証して頂きたい)

そうすると、NYの終値である朝7時に陽線か陰線かを判断し、陽線なら買いエントリーして16時に決済するという感じだ。

さすがにこれだけでは、トレードするには心細いので何かフィルターが欲しい。

こんなときに役に立つのが、曜日の特性を利用したフィルターである。

曜日の特性は、月曜日は上昇する確率が高いとか、水曜日は下落する確率が高いとかを統計的に検証して知ることができる。

曜日というのは各国の経済指標の発表などさまざまな経済事情が入るので、曜日の特性を掴んでおくことはトレードする上で非常に強力な武器になる。

そしてこの曜日の特性を知ると、東京時間の月曜日は買いが有利だとか、ロンドン時間の水曜日は売りが有利だとかがわかるので、他の手法と組み合わせることで有利なトレードが可能になるのだ。

そこで僕は曜日の特性を知るために、過去10年間のチャートを調査した。

この調査結果より、実にさまざまな曜日の傾向を知ることができたのだ。

ではポンド円で単純に曜日の特性を利用してトレードした場合の10年間の損益をご紹介しよう。(グラフはブログの中ほど)

http://ameblo.jp/puyan3303/entry-10682257735.html

左の単位は円なので、この10年間で300円近い利益が出た計算になる。

なんともすごい数字だ。

曜日の特性恐るべし...

マーケットは完全なランダムではない。明らかにバイアス(歪み)が発生しているのだ。

ではもう少し詳しくご紹介しよう。

ご紹介する通貨はポンド円。

まず市場を東京、ロンドン、NYの3つに分類する。

まず東京市場での曜日の傾向だ。


月 火 水 木 金
損益 -6.72 -31.59 -34.39 -18.38 -16.89
勝ち 222 207 210 204 233
負け 221 239 235 240 211
勝率 50% 46% 47% 46% 52%


表の見方は、東京時間の始値で買って、終値で決済した場合の損益をまとめている。

例えば、火曜日は損益が-31.59円で勝率46%ということは、売りが有利だということが言える。

勝率が50%だと、ランダムで歪みが見られないということだ。

まずここでの注目は、東京市場では全体的に売りが有利だということだ。

驚きだが、ポンド円という通貨は、東京市場では売られる傾向にあることがわかる。

これは225先物が日中は売られる傾向があるのと状態が似ている。

特に火、水、木曜日はこの傾向が強い。

デイトレなど、比較的長い時間に東京市場でトレードする場合などは、買いのポジションは注意した方が良さそうだ。



次にロンドン市場を見てみよう。


月 火 水 木 金
損益 -31.77 18.34 1.45 1.40 -12.78
勝ち 204 231 223 225 212
負け 240 212 221 218 236
勝率 46% 52% 50% 51% 47%




ロンドンでは東京とNYの時間に挟まれているので、2つの市場の思惑が重なって動いている印象を受ける。

東京市場程には極端な傾向はないようだ。

しかしながら、月曜と金曜日はかなり売りが優勢である。


火曜日は逆に買いが優勢のようだ。




最後にNY市場である。


月 火 水 木 金
損益 -3.50 17.65 49.00 31.97 43.30
勝ち 223 241 266 255 239
負け 221 200 178 191 209
勝率 50% 55% 60% 57% 53%


NYでは東京市場とは逆に全体的に買いが有利のようである。

月曜日を除く日は、圧倒的に買いが有利である。

東京市場で下がったポンド円は、NY市場で買い戻されるような形である。

これも225先物と非常に良く似た傾向だ。

ここらで何か相関があるのかもしれない。



もちろんこの曜日の特性だけでトレードするのは少し無理があるかもしれないがフィルターとして使用することで、あなたのトレードの勝率が大幅に上がるだろう。

これらを使ってトレードすることは、あなたは他の人よりもかなり有利に勝負できるはずだ。

あなたのトレードにご活用頂ければ幸いだ。
スポンサーサイト



[ 2009/04/15 00:00 ] トレード手法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【お知らせ】
新しいブログへ移行しました

手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ