人間はプロスペクト理論には勝てない

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

人間はプロスペクト理論には勝てない

【毎号、新しい手法をご紹介!極秘レポート無料発行中】

極秘レポート無料発行のお知らせ

今後もトレード手法を公開してもらいたい方はクリックをお願いする。
↓                 ↓ 
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村

----------------------------------------------


プロスペクト理論というのがある。

すでにご存知の方もおられると思うが、簡単に説明をしておく。

これは1979年にダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーが考案した行動ファイナンス理論で、リスクが発生する局面において、人間は利益と損失をどのように判断するかの傾向を示したものだ。


●人間は目の前にある利益を失うのが耐えられない。

●損失を認めることに耐えられない。


これを相場に置き換えて考えてみよう。

相場におけるプロスペクト理論とは、教科書に書かれている損小利大ではなく、「損大利小」のトレードを行うということだ。

つまり、利が十分に伸びないうちに利食いを行い、含み損になると放置するのである。

以下の行動をとる方も多いだろう。


買いエントリー後、すぐに+30pipsの含み益になり喜んでいたら、その後レートが反転して下がり、含み益がドンドン減っていったので、折角の利益を失うのに我慢できなくて結局+5pipsで利確した。


売りエントリー後、しばらく揉みあいが続き、その後相場が急上昇して一気に含み損が-50pipsまで膨らんでしまった。

ここで損切りができず、元のレートに戻ることをひたすら祈るが、無情にも相場はドンドン上昇して踏み挙げられ、-200pipsま含み損が膨れ上がりさすがにこれ以上耐えられなくてすべてブン投げる。


これらは人間がいかにプロスペクト理論に勝てないかという証明である。

そして、悲しいかな、わかっていてもどんなに相場の経験が長い人でもプロスペクト理論の餌食になってしまう。

いくらエラそうにプロスペクト理論を語っている僕みたいな人間でも、相場ではプロスペクト理論に負ける局面があるのだ。

こんなことではダメなのは誰でもわかっている。

しかし、わかっちゃいるけど、やめられないのが人間なのだ。

ナゼ、相場は上がるか下がるかだけの50%の確率なのに、相場で勝つ人は50%いないのだろうか?

その答えは、プロスペクト理論にある。

人間の本能では必ず相場で負ける行動を取るということだ。


-----------------------------------------------------

週明けの窓空きを狙った極めて確率の高いトレード手法がある。

こんなに優位性が確認されているロジックを使わない手はない。

是非あなたもトライしてみてはいかがだろうか?

ここにやり方が書いてあるので参考にしてもらいたい。

窓空きトレード

なんと月曜の朝4時から取引できるところがサクソバンク。早起きが苦にならない人なら、月曜の窓空き狙いはここで決まりだ。



今後もトレード手法を公開してもらいたい方はクリックをお願いする。
↓                 ↓ 
人気ブログランキングへ   にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2010/09/11 00:00 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力をしてもお金が減っていくのが相場だ
●サラリーマンこそ相場を張れ
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤーになれる
●システムトレードを使ってうまく儲ける方法
●賭けをすることで人は強くなる
-------------------
【トレード研究記事】
●仮想通貨マイニングで儲ける
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●ボリンジャーバンドが最強のシステム?
-------------------
【日経225先物・デイトレ】
(ラージ1枚換算)
単位:円
2018年(~6月末) -740,000
2017年 +680,000
2016年 +3,480,000
2015年 +1,570,000
2014年 +2,670,000
2013年 +6,490,000
2012年 -10,000
2011年 +1,080,000
2010年 +3,920,000
2009年 +2,100,000
2008年 +4,880,000
2007年 +3,440,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレ】
(ラージ1枚換算)単位:円
2018年(~6月) -785,000
2017年 +1,015,000
2017年 +2,770,000
2016年 +2,770,000
2015年 +2,010,000
2014年 +2,165,000
2013年 +4,435,000
2012年 -300,000
2011年 +1,175,000
2010年 +805,000
2009年 +1,835,000
2008年 +3,200,000
2007年 +4,060,000
-------------------------
【225-Topix先物両建て】
(ラージ1枚換算)単位:円
2018年(~6月) +335,000
2017年 +240,000
2016年 +3,585,000
2015年 +785,000
2014年 +475,000
2013年 +3,210,000
2012年 -160,000
2011年 +760,000
2010年 +1,405,000
2009年 +1,125,000
2008年 +2,030,000
2007年 +1,640,000
-------------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ