FC2ブログ

【敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北】 6

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

【敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北】 6

当然、調子に乗って、またどんどんナンピン買いをしていく。

250円→230円→210円→190円と株価はドンドン下がっていく。

さすがに、ナンピン買いが4回目となると、心配になってくる。

そして190円→170円と更に株価が下がっていくのだが、こともあろうに株価が170円になり、5回目のナンピン買いをしないといけないのが、精神的にこれができなくなるのだ。

今までは最高3回までのナンピンで、その後難なくリバウンドしてくれたからよかったものの、4回目のナンピン入れたら、もう精神的に参ってしまっていたのだ。

当然、5回目のナンピンなんて怖くてとてもできない。

本を読んで理解するのと、実際にお金を相場に突っ込んでやるのとでは、全く取る行動が違ってくるのだ。

いくら、本を読んでナンピンを5回、6回、7回入れてその後のリバウンドで大きく利益になることがわかっていても、やはりできない。

人間は、本能的に防御反応が働く。

だから、これ以上ナンピン買いできないという感情は、本能的には当たり前の感情であり、手がでない。

これ以上のナンピンができないので、後は株価が落ちて行くのをただ見てるしかない。

これも、普通の人間が取る行動だ。

こうして、最終的に株価は120円まで下がって行く。

そして、ひたすらリバウンドを待っていたが、株価はその後、底が120円で上限が150円のレンジ相場に入っていった。

長期投資のスタンスなら、もうあとはほったらかしにするしかない。

その頃は、ちょうどITバルブの最盛期で、市場ではソフトバンクや光通信が連日のストップ高を付けているような状態だ。

こっちは、塩漬けの新日鉄を持ったまま。

どうしても、動きの派手な銘柄に目移りしてしまうものだ。

そこで、今新日鉄を売って損切りしても、連日のストップ高をつけているソフトバンクに買い換えれば、すぐに元は取り戻せるだろうと思った。

案の上、その日もソフトバンクはストップ高の比例配分で取引を終えた。

こうなったらもうこれ以上は新日鉄を持ち続けることができない。

そして、ついに大きな損切りをして新日鉄を売った。

株をやって、初めての大きな負け。

この損切りで僕は300万円失った。

ショックはさすがに大きかったが、気を取り直して、念願のソフトバンクを買う。

この瞬間、やっと本流のIT銘柄が買えた。これでしばらくはストップ高の恩恵にあずかり、損切りは大きかったけど、「なあに、すぐに取り戻せるよ」と信じて疑わなかった。

そして、現物株をやって最大の悲劇が襲ってくるのだ...


【敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北】 7へ続く→
スポンサーサイト



[ 2010/04/27 00:00 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【お知らせ】
新しいブログへ移行しました

手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ