FC2ブログ

アメリカはインデックスファンドで十分儲かる

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

アメリカはインデックスファンドで十分儲かる

usa-750x375.jpg


【誰でも簡単にできる相場のアノマリー分析】
エクセルを使った簡単な操作で、マーケットから宝の山をいくらでも見つけることができる。
詳しくはこちら


ウォールストリートの記事によると、アメリカのインデックスファンドの資産額が初めてアクティブ運用ファンド上回ったらしい。

ウォール街の新たな王者、インデックスファンド

これは金融市場初めての出来事といい、まさに歴史的な転換期だと言われている。

前回の無料セミナーでもお話ししたが、元々米国のマーケットはずっと右肩上がりなので、米国市場においてはバンガードETFなど、市場平均に連動するインデックスを買うだけで十分だ。

NY5.png


下手に市場平均より儲けようとアクティブ運用したところで、大勝ちする年もあるが、大負けする年もあり、結局トータルで見たらインデックスに勝てない。

アメリカ人が貯蓄するよりも株に投資する人が多いというのは、米国市場はずっと成長を続けているので、インデックスを買っている限りはそちらの方が合理的だという判断だ。

一方我が国も、アメリカに倣えと「貯蓄から投資へ」とスローガンのもと、長期の資産運用で日本市場のインデックスを勧めている。

しかし日本市場は過去30年間、1ミリも経済成長していないマーケットであり、このチャートを見れば誰もこの市場で長期のインデックスを買おうとする人はいないだろう。

JP5.png


残念ながら今後の経済成長が見込めない日本市場ではインデックス買いは資産を減らすだけの投資に終わる。

では日本ではアクティブ運用が良いのかといえば、これまた過去アクティブ運用しているファンドは全滅なので、こちらもアウトだ。

アクティブ運用がうまく行かないのは日本もアメリカも同じだが、アメリカには市場の成長に乗っかれるインデックス運用という最強の武器がある。

だからアメリカでインデックス運用の資産がアクティブ運用を上回るというのは、当然と言えば当然の結果なのかもしれない。

ファンド会社が市場平均を負かそうと銘柄選択をやっても、実態は鉛筆をなめてやっているに過ぎないということを、ようやく多くのアメリカ人が気付いたのだろう。

日本人の資産運用の将来が益々暗いものになっていく...

もはや、相場が難しいとか面倒くさいとか言っている場合ではない。

あなた自身もマーケットを研究する必要に迫られているのだ。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
スポンサーサイト



[ 2019/09/21 09:28 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ