225先物スキャルピングセミナー(限定)

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

225先物スキャルピングセミナー(限定)

item_48_1.png


スキャルピングというと、PCの画面に常時張り付いているイメージがあるが、この方法はエントリー及び決済する時間が予め決まっているので、常時PCに張り付く必要がなく、メンタル的には大変楽なやり方だ。

簡単に言えば、朝9時にエントリーして11時59分に決済し、12時にエントリーして大引けの15時15分に決済する1日2回のトレードになる。

3時間だけポジションを保有することで、極力マーケットのリスクを排除する。


225先物は以前はお昼休みがあって、株式相場と同様に前場、後場に分かれていたが、その後お昼休みがなくなり、今では日中の9時から15時15分までノンストップで取引が行われている。

スキャルピングをやる人は、1日の値動きを、1分足や5分足チャート上のテクニカル指数とにらめっこしながらトレードすることが多いと思うが、このスキャルピングは日中の1日の動きを単純に午前と午後に分けてトレードする。

午前と後場の相場は1日の中でも.全く違った値動きが見られ、この環境を利用して1日に2回のトレードを行う。


【先物は怖い?】

先物と言うと、どうしても怖いというイメージがつきまとう。

過去の悪質な先物会社による強引な電話勧誘により、個人投資が甚大な損失を被ったのは事実だ。

一番の問題は、レバレッジを使った証拠金取引というもののリスクを全く理解していないことが原因だ。

口座残高で目一杯の証拠金を使わされ、ポジションを取るのだから、少しでもポジションと反対に相場が動くとたちまち証拠金不足になり、追証(おいしょう)が発生する。

追証が発生すると、現在のポジションを維持する為の証拠金が不足しているので、それを補う為に、追加で資金を口座へ入れる必要がある。

結局、いつもフルレバレッジの状態でポジションを維持しているので、相場が逆に動く度に追証が発生し、最後は個人投資家の財産を全てぶん投げてしまうことで起こる悲劇である。

証拠金取引というのは、先物に限らずFXでも同じこと。

本屋にはFX関連の書籍が溢れ、カリスマ主婦が子育てしながら月に100万円稼ぐといった派手なキャッチコピーの本が溢れている。

すっかり市民権を得たFXだが、実態は証拠金を使ったレバレッジの取引であり、先物取引と何ら変わりは無いのである。

要は、証拠金取引というレバレッジのリスクをきちんと理解すれば、先物取引というのは、FXにはない極めて有利なトレードが可能になるのである。

---------------------------------------------------

【パフォーマンス】

225先物ラージ
(2007年~2017年6月現在)

午前のトレード(9時~11時59分)

ZE.png

午後のトレード(12時30分から15時15分)

GO.png

午前+午後のトレード

zengo.png

【損益】 28,220,000円
【最大ドローダウン】 -2,130,000円
【取引回数】 2,193回
【勝率】 53.9%
【ロット】ラージ1枚

年別パフォーマンス

2007年 +3,250,000円
2008年 +2,760,000円
2009年 +1,920,000円
2010年 +950,000円
2011年 +3,370,000円
2012年 +90,000円
2013年 +4,490,000円
2014年 +3,140,000円
2015年 +5,150,000円
2016年 +3,530,000円
2017年 -1,240,000円(6月末現在)
-----------------------------

【資金管理】

通常は売買サインに従って、枚数を固定したトレードが一般的だが、資金管理を用いることで、飛躍的に資金を増やすことができる。

残高が2倍になったらベットする枚数も2枚に増やす、というような複利運用ではなく、現在の残高を基に、「Pの公式」を使って次のトレードする枚数を決定する。

このシュミレーションでは、残高が増えると枚数も青天井で増えていくので、上限を2,000枚(ミニ)に制限している。

仮にリスクを最大限に取り、負けトレードが続いて最悪の状態になっても、残高に合わせて枚数を調整するので、追証が発生することはなく、残高以上の損失は発生しない。     

今回の225先物スキャルピングシステムを「Pの公式」を使ってハイリスクで運用した場合、シュミレーション上は、枚数固定の損益の500倍以上になる。
(2007年~2017年1月)

Pの公式とは

Pの公式ファイルの使い方(動画)

【枚数を固定した場合と、「Pの公式」を使って資金管理を行った場合の比較】
(共にスタート資金25万円、2007年~2017年6月)

●枚数を固定した場合
+282万円

F.png

●「Pの公式」を使った場合(枚数上限ミニ2,000枚)
+31億5700万円

P.png

「Pの公式」を使った資金管理では、リスクは自分で決定できるので、リスク許容度に応じて、「ローリスク・ミドルリターン」から「ハイリスク・ハイリターン」の運用が可能。

エクセル版の「Pの公式」資金管理ファイルを使い、リスクパラメータを調整することで、損益のシュミレーションも可能。

実トレードにおいては、現在の残高に応じて次のトレードの枚数が計算されるので、売買サインと枚数を予め確認することができる。

※資金管理ファイル(エクセル)は付属

-----------------------------

【トレード方法】

●トレード対象は日経225先物、ミニ先物

●取引方法

①9時までに前日の4本値(午前・午後)をエクセルに入力してサインを確認。
②9時の寄付きでエントリーし、午後11時59分に決済。
③午後12時にエントリーし、15時15分の大引けで決済。

●売買サインが出ない場合もある。

●売買サインは前日に決定するので、そのサインに従ってポジションを取るシステムトレード。

●トレード枚数は1枚固定。

----------------------------------------------------

【小学生でもできる簡単なトレード手法?】

225先物相場はプロやセミプロが多数参加する市場である。

だからといって、手法も複雑なテクニカル分析や、経済ファンダメンタルを使ったトレード手法でないと通用しないと思っている人が実に多い。

僕も昔は、小難しいテクニカル指数を複数使い、多くのパラメーターをいじくりまわして、最適化ばかりやっていた。

バックテストの成績は最高なのだが、どうしても実トレードに移行するとお金が減るのである。

その経験から、複雑なテクニカル分析をしてシステマチックにトレードしても、いかに役に立たないかということを思い知らされたのである。

一方、小学生でも理解できる手法は、何だか値打ちが無く、あまり儲かりそうなシステムに思えない。

人間の感情というのは、実にいい加減である。

このロジックは、チャートに沢山テクニカル指数を使ったインジケーターや、トレンドラインを引いて、あーだこーだと悩むことも無いし、チャートすら不要である。

為替や他の銘柄の動きを参考にすることもない。

相場感が全く必要の無い異次元のトレード手法といってもいいだろう。

複雑なロジックは一切必要ない、極めてシンプルな手法だ。
------------------------------------

【付属ファイル】

●225先物サインファイル(エクセル)

●「Pの公式」資金管理ファイル(エクセル)

●運用マニュアル

----------------------------------
【サポートについて】

セミナーを1回受けただけでは、初心者の方が全て理解して実行するのは難しいかもしれない。

いざ実践段階になると、ルールを忘れてしまったり、戸惑いが必ず起こるものだ。

サポートは無期限で行っている。

いつでも電話、メールであなたをサポートするのでご安心頂きたい。

---------------------------------------------

【トレードに必要な条件】

ラージで250万円以上、ミニなら25万円以上の資金をご用意できる方。

マイクロソフトのエクセルがPCにインストールされている。

---------------------------------------------------

【料金】

298,000円

※Pの公式受講受講の方は、198,000円
-------------------------------------

【セミナー申し込み方法】

セミナーのお申し込みは、こちらからどうぞ

-------------------------------------

【お問い合わせ】
メール fxwin0402@yahoo.co.jp
電話  048-677-9112 平日9時 ~18時

-----------------------------------------------

【ご注意】

・当セミナーは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。

・投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。

・当セミナーに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。

・いかなる目的を問わず本セミナー内容の複製、転送及び販売を固く禁じます。
スポンサーサイト
[ 2016/05/30 16:08 ] セミナー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力をしてもお金が減っていくのが相場だ
●サラリーマンこそ相場を張れ
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤーになれる
●システムトレードを使ってうまく儲ける方法
●賭けをすることで人は強くなる
-------------------
【トレード研究記事】
●仮想通貨マイニングで儲ける
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●ボリンジャーバンドが最強のシステム?
-------------------
【日経225先物・デイトレ】
(ラージ1枚換算)
単位:円
2018年(~5月末) -810,000
2017年 +680,000
2016年 +3,480,000
2015年 +1,570,000
2014年 +2,670,000
2013年 +6,490,000
2012年 -10,000
2011年 +1,080,000
2010年 +3,920,000
2009年 +2,100,000
2008年 +4,880,000
2007年 +3,440,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレ】
(ラージ1枚換算)単位:円
2018年(~5月) -770,000
2017年 +1,015,000
2017年 +2,770,000
2016年 +2,770,000
2015年 +2,010,000
2014年 +2,165,000
2013年 +4,435,000
2012年 -300,000
2011年 +1,175,000
2010年 +805,000
2009年 +1,835,000
2008年 +3,200,000
2007年 +4,060,000
-------------------------
【225-Topix先物両建て】
(ラージ1枚換算)単位:円
2018年 +440,000
2017年 +240,000
2016年 +3,585,000
2015年 +785,000
2014年 +475,000
2013年 +3,210,000
2012年 -160,000
2011年 +760,000
2010年 +1,405,000
2009年 +1,125,000
2008年 +2,030,000
2007年 +1,640,000
-------------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ