FC2ブログ

FX・先物相場は僕のATM!?

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

株を持っている認知症の老人が増える恐怖

Dementia-Guide.jpg


株や債券などの金融資産は、若い人よりも圧倒的に高齢者が保有している。

株などに投資できる金額は20代で10万円~程度だが、60代以上になるとこれが100倍の1000万円に一気に跳ね上がる。

若い人は時間という資産があるので、ある程度リスクを取れるが、高齢者になるほど時間という資産が減っていくのでリスクを取ってはいけないと一般的には言われている。

しかし100歳まで生きる可能性が現実味を帯びてきた現在、通常ならリスクを取ってはいけない高齢者ほど、投資リスクを取るようになっている。

こういう高齢者は、知っている人なら決して手を出さない、毎月分配型の「たこ足配当」と言われる投資信託をありがたく受けいれる。

「毎月分配型のたこ足配当」とは、運用成績が悪化すれば元本を取り崩して分配金が支払われる仕組みのことを言う。

毎月の配当は運用した利益から支払われるなら最高だが、現実には上記のようなたこ足配当がほとんどだ。

それでも定期収入のない高齢者には「給料代わり」に欠かせない存在というのだがら、高齢者の資産運用に対する思考はちょっと理解し難いところがある。

2035年になれば、株などの有価証券の半分は70歳以上の人で占められると言われている。

このうち65歳以上の3人に1人が認知症になると推測され、そうなると株を持っている人のなんと15%が認知症の人という恐ろしい試算がある。

つまり株の半分は高齢者が持ち、そのうちの15%が認知症に掛かり、認知症の人が持っている株の金融資産は誰にも気づかれる事無く闇に消える可能性もあるのだ。

持ち株が闇に消えるということは、その株はずっと塩漬け状態になったままになり、株の流動性がなくなることを意味する。


株を持っている人は、今のうちに自分が認知症になった場合の事を考えて、証券会社のIDとパスワードは家族に知らせておくべきかもしれない。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
スポンサーサイト



[ 2019/08/27 09:42 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
8月12日~8月24日

225先物(ラージ1枚)デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
-70,000円

2007~2019/7
+34,720,000円

225442.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+75,000円

2007~2019/7
+28,240,000円

topix5.png


JPX先物デイトレ(10枚)
+5,000円

2015年~2019年7月
+7,915,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
+0円

2016年8月~2019年7月
+7,020,000円

m0616.png


半沢の直樹システム(ミニ1~10枚)
+41,500円

2009~2019/7
+2,306,000円

hanzawa63.png


225先物・売りヘッジ(ラージ1枚)
+155,000円

2009~2019/7
+8,260,000円

Shedge.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト(10枚)
+60,000円

2016年8月~2019年7月
+8,905,000円

mothers63.png


225先物ナイトセッション(ラージ1枚)
-730,000円

2011年8月~2019年7月
+11,860,000円

225ナイトセッション


Topix先物ナイトセッション(ラージ1枚)
-100,000円

2011年8月~2019年7月
+6,580,000円

Topixナイトセッション


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/25 09:23 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

平成史に残るクズ投信

A-3gqClYFWc.jpg


AIを使った最先端の運用が話題だが、蓋を開けてみるとかなり苦戦しているのが現状のようだ。

AIファンドが全滅

いろいろ他の投資家のブログを見ていると投信の研究をしている人も多くとても参考になる。

その中に話題のAIを使った投信の調査報告をしているブログがあり、その悲惨な運用状況は目を覆うばかりだ。

その一つに「AI日本株式オープン」というものがある。

このファンドの最大の売りは、日本株への投資を通じて、リスクを抑えながら安定的にリターンを獲得していく運用を目指すというもの。

このファンドを組成しているのが三菱UFJ国際投信で、あまりにもの成績の悪さから、「平成史に残るクズ投信」と揶揄されるありさま。

AIオープン


こちらが三菱UFJ国際投信の運用報告書


まるでこのAIは、北浜流一郎バリの究極の曲がり屋になっている。

この曲がり具合を逆手にとって、AIの判断とは全く逆のポジションで運用すればガンガンに儲かることになるのだが、もしかしたら運用担当者はこのことに気が付いてこっそりと自分だけ逆ポジションを持っているのだろうか。

「AI = 儲かる」と信じている人は多いと思うが、できるだけ多くの人にこの現状を知ってもらう必要がありそうだ。

情報弱者は今の時代には致命的だが、特に相場においては即死する可能性が高い。


「CMでよく流れている大企業だし、AIを使って最先端の運用をしているから安心」

もしあなたがそう思っているのなら、まずこちらを読んでみよう。

平成史に残るクズ投信

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/20 09:04 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
8月5日~8月10日

225先物(ラージ1枚)デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
+840,000円

2007~2019/7
+34,720,000円

225442.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
-25,000円

2007~2019/7
+28,240,000円

topix5.png


JPX先物デイトレ(10枚)
-100,000円

2015年~2019年6月
+7,915,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
+0円

2016年8月~2019年6月
+7,020,000円

m0616.png


半沢の直樹システム(ミニ1~10枚)
-13,000円

2009~2019/7
+2,306,000円

hanzawa63.png


225先物・売りヘッジ(ラージ1枚)
-250,0000円

2009~2019/6
+8,260,000円

Shedge.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
+71,710円

2010年12月~2019年7月
+14,812,602円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト(10枚)
+130,000円

2016年8月~2019年7月
+8,905,000円

mothers63.png


225先物ナイトセッション(ラージ1枚)
-110,000円

2011年8月~2019年7月
+11,860,000円

225ナイトセッション


Topix先物ナイトセッション(ラージ1枚)
+0円

2011年8月~2019年6月
+6,580,000円

Topixナイトセッション


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/11 11:21 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

先物を使ったロング・ショート戦略

046774378cc5dc0a8be187b74f8b0912.jpg


久しぶりの勉強会のご案内。

テーマは、「先物を使ったロング・ショート戦略」

これから相場が上がるか下がるかを予想して株や先物の売買をするのがトレーダーの仕事だ。

その勝率はうまく行く人でせいぜい50%を少し上回るくらいで、なかなか思うように稼げない。

儲けたいけどリスクは取りたくないというのは誰しもが思うことで、相場が上がっても下がっても勝てればこんなに楽しいことはない。

そこで相場の変動リスクを避けて利益を狙うやり方がロングショート戦略だ。

ロングショート戦略は、相対的に割安と思われる銘柄を買い、割高と思われる銘柄を売るという2つのポジションを組み合わせる運用方法だ。

買いだけではマーケット全体が下落した場合に大きな損失を被るので、売りポジションを持つことでヘッジを行う。

ロングショートは銘柄の組み合わせが命なので、ここの選択を誤るとロングショートと言えども損失を被ることになる。

ヘッジファンドが行うロングショート戦略は、これに相場感をプラスし、相場が上がりそうだと思えば買いを多く持ち、下がりそうだと思えば売りを多く持つ。

つまりロングショートであるが、さまざまな経済指標やイベントなどを常に把握するようなマクロ経済分析が必要になる。

僕が考えたロングショート戦略は、この一番当てにならない相場感というものを一切排除し、銘柄間の相関や値動きパターンなどから銘柄を組み合わるのが大きな特徴だ。

ロングショート戦略は個別株のように銘柄選択が沢山できる方が有利であるが、何十銘柄も投資するには投資金額も大きくなるので資金の少ない個人投資家にはやりたくてもできない。

資金が多い方が投資に有利だという理由は、多くの銘柄に分散投資することでリスクを薄めることが可能になるということだ。

例えばこれは個別株・80銘柄に分散したロングショート戦略の検証だが、直近6年間で負けた月はわずか3回で、月間勝率は優に95%を超えるという安定感だ。

LS個別株


グラフを見ると驚くばかりの安定感だが、80銘柄へ投資するのに1億円の投資資金が必要だ。

1億円の投資資金がある人は黙って80銘柄へ投資するロングショート戦略をするだけで余計なことは一切する必要はないだろう。

しかし1億円の投資資金がないその他大勢の人はどうすればいいか。

そこで指数先物を使ったロングショート戦略のご提案である。

個別銘柄のように多くの銘柄に分散投資はできないが、その代わりレバレッジが効く4銘柄の指数先物に分散投資して、より少ない資金で安定したロングショート戦略を行おうというものだ。

分散投資する4銘柄は、225先物、Topix先物、JPX400先物、マザーズ先物。

この4銘柄の割高、割安を判断し、サイコロ投資のように毎日トレードを行うデイトレスタイルのロングショート戦略になる。

4銘柄の売買サインは、エクセルのマクロボタンを押すと表示され、朝の寄り付きの8時45分までに注文をいれると後はその日の大引け(15時15分)に自動決済される。

サイコロ投資をしている人ならやり方は全く同じだ。

【パフォーマンス】
2016年7月~2019年8月現在
ロット1枚
損益 +2,169,250円
勝率 54..3%
シャープレシオ 0.13
最大ドローダウン 198,250円

先物LSグラフ


【リスク別必要資金の計算例】
リスク50%の場合
45万円 (最大ドローダウン 20万円÷50% + 証拠金5万円)

リスク別パフォーマンス
リスク10% 年利34%
リスク30% 年利96%
リスク50% 年利153%
リスク100% 年利276%

1枚あたりの証拠金(松井証券1日先物口座 8月現在)
日経225mini 35,000円
TOPIX先物  23,000円
マザーズ指数先物 29,500円
JPX400先物 19,500円

【注文方法】
エクセルのマクロボタンを押すと、自動でネットからデータ取り込み、売買サインが表示される。

8時45分までに注文すると後は自動で当日の大引け(15時15分)で自動決済。

【必要なソフト】
マイクロソフトエクセル
マクロ仕様はWindows限定
手動ならMAC可

【推奨証券会社】
松井証券・1日先物口座

【勉強会のご案内】
日時 8月18日 13時30分~15時30分
場所 大宮ソニックシティ 801会議室
人数 5名限定
締め切り 8月15日

【内容】
●ロングショート戦略のロジック
●自動サインファイル(エクセル)
●システム内容・操作説明ファイル(PDF)

【料金】
75,000円

※会場に来れない方は後日セミナー動画を配布

【サポート】
無期限.で行います

【お問合せ】
048-677-9112
fxwin0402@yahoo.co.jp
ぷーやんまで

お申込みはこちら
[ 2019/08/08 14:02 ] セミナー | TB(0) | CM(0)

日経平均先物をトレードするのに日経新聞はいらない

IMG_1056.jpg


今朝の日経は、「日経平均、不安定な動き」との記事

新聞に米中貿易戦争の影響で「日経平均が不安定な動き」と書かれると、さぞかし厳しい相場で運用がうまくいかないと思われがちだが、サイコロ投資に至っては絶好調で、僕に言わせれば、不安定な動きどころか従来の相場の構造に忠実に従って動いている。

ザラバに関しては一昨日が大きな下落を売りで勝ち、昨日が大きな上昇を買いで勝つという、どちらも未来が見えていたようなトレードだった。

まあ偶然の要素も多分にあるが、サイコロ投資は過去25年間の相場の値動きのパターンを研究して開発したもので、一時的なドローダウンは起こるが、どの年も例外なくうまく機能している。

25年間勝ち続けているサイコロ投資法

「日経平均先物をトレードするのに日経新聞を読んでもクソの役にも立たない」というのは僕の中での定説であるが、日経の後追い記事を穴が開くほど読んでも決して相場に勝つことは無理だろう。

僕も世の中の動きを知るために日経新聞を読むが、相場の動きに関しては一切参考にしない、というか参考にしてはいけないと思っている。

あなたも日経新聞の情報に振り回されないでサイコロを振ってみてはいかがだろうか。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/07 13:40 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

AIファンドが全滅

IMG_1052.jpg


AIはもはや我々の生活には欠かすことのできない重要な技術になりつつあるが、資産運用の世界ではまだまだその恩恵には預かりそうもない。

AIを使ったアクティブ運用を行う投資信託で、1年以上経過した10本の投資信託の運用成績はなんと全てマイナスだったという。

この期間のインデックスはプラスに推移しており、毎度お馴染みの「アクティブ運用はインデックスに勝てない」という定説を、鳴物入りのAIを使っても覆せなかった。

投信を運用するゴールドマンサックスは、「米国大型株で株価の割安感や経営の質を評価する視点が運用成績に繋がらなかった」とのコメント。

要するにトンチンカンな判断でお金を減らしてしまったということである。

「大型株の割安感や経営の質を評価する」と聞けば何やら難しそうな分析を駆使してうまく運用してくれそうな感じがするが、実際の運用成績にはクソの役にも立たない。

そんなややこしいことをしなくても米国市場は昔から上昇しているので、単純なフィルターを使うだけで十分通用するはずだ。

「米国時間の値動き」にほぼ連動する日経平均先物なら、適切にヘッジすればロングポジションで十分履歴を出すことが可能だ。

日経平均先物をTopix先物でヘッジすれば、暴落によるリスクを最小限に抑え、NYの動きにハラハラする事無く夜はぐっすり眠れる。

このシステムの直近1年の成績は+27%を叩き出している。

225hedge4.png

225先物・売りヘッジシステム

AI投信は膨大な量のデータを読み込み分析する。

企業の業績や財務、株価情報、人間ならば読み切れないような量のアナリストリポートや、衛星写真から読み取れる物流動向なども分析の対象にする。

しかしいくらAIがスゴイと言っても、どんなデータを使うかでその結果は天と地ほどの差が出てくる。

単純にAIがスゴイからといって、AI投信を容易に買うのは避けた方が良さそうだ。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/03 13:09 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

7月の成績

64300829.jpg


【225先物・売りヘッジシステム】
メンタルが弱い人にはうってつけの手法
詳しくはこちら


7月の成績

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2 
+100,000円

直近1年間の成績
+5,140,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

22533.png


Topix先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver3
+305,000円

直近1年間の成績
+1,640,000

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

topix20198.png


JPX先物デイトレ(10枚)
-195,000円

直近1年間の成績
+860,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

jpx201908.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
-160,000円

直近1年間の成績
+2,210,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

mothers201908.png


半沢の直樹システム(ミニ1~10枚)
+92,500円

直近1年間の成績
+298,500円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

hedge201908.png


225先物・売りヘッジ(ラージ1枚)
+165,000円

直近1年間の成績
+1,975,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

nighthedge201908.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
-120,640円

直近1年間の成績
+1,059,500円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

VIX201908.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト(10枚)
-90,000円

直近1年間の成績
+2,150,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

mothersbreakout201908.png


225先物ナイトセッション
-420,000円

直近1年間の成績
+1,940,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

225hedge201908.png


Topix先物ナイトセッション
-70,000円

直近1年間の成績
+1,655,000円

システムとインデックスの比較
(青がシステム、オレンジがインデックス)

topixnight201908.png

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/08/01 12:47 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)
手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ