FC2ブログ

FX・先物相場は僕のATM!?

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
6月24日~6月29日

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
-90,000円

2007~2019/5
+34,070,000円

22505.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+30,000円

2007~2019/5
+27,775,000円

topix05.png


JPX先物デイトレ(10枚)
-260,000円

2015年~2019年5月
+8,600,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
+10,000円

2016年8月~2019年5月
+7,020,000円

m0616.png


NTナイト(225先物-Topix先物両建)ラージ1枚
-35,000円

2007~2019年5月
+9,505,000円

nr63.png


半沢の直樹システム(NT両建)
-170,000円

2009~2019/5
+21,640,000円

hanzawa63.png


しまうまリターンズ
+0pips

2018年1月~2019年5月
+5,800pips

shimauma63.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
-48,935円

2010年12月~2019年5月
+14,978,227円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト
+40,000円

2016年8月~2019年5月
+8,705,000円

mothers63.png


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
スポンサーサイト



[ 2019/06/29 07:46 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

225先物ナイトセッションシステム

night.jpg


最近、先物のナイトセッションについてのお問い合わせが多いので、現在使用している「225先物ナイトセッションシステム」をご紹介しようと思う。

その前に日本のマーケットがいかに特殊で非効率な市場であるかということをお見せしたいと思う。

1980年代後半、日本は絶頂のバブル期を迎え、東京証券取引所の時価総額や取引高はNY証券取引所を遥かに凌駕し、まさに世界ナンバーワンの金融大国であった。

その後、日経平均株価は1990年にピークを迎え、その後30年あまり1ミリも株価を更新することなく低迷期に入る。

2253.png


30年に渡り、1ミリも株価が更新していない国は世界広しといえども日本だけである。

こんな1ミリも増えないインデックスでいくら運用しても全く意味がないのは一目瞭然だ。

一方こちらはNYダウの同じ期間の値動き。

NYdow.png


素晴らしい右肩上がりでアメリカの経済成長が良くわかる。

実はこれはNY市場だけの現象ではなく、他の先進主要国の市場は皆同様にこのような右肩上がりの成長をしているのだ。


そして日本市場の特殊な相場環境を更に見てみよう。

これは東京市場が開いている日中の時間(9時~15時)の値動きをバブル崩壊の1990年から2019年6月までつなぎ合わせたグラフである。

nikkeitokyotime.png


ものの見事に下がり続けているのがわかる。

次に、東京市場が15時に引けてから翌朝の9時に開くまでの値動きを同様に調べてみる。

nikkeitonytime.png


いかがだろうか...

日本のマーケットというのは日中と夜間とでは全く逆の値動きになり、しかもこれほど明確な傾向が出ている極めて特殊な相場環境なのである。

夜間の値動きはほぼNY市場の動きに連動するので、日本のインデックスも、当然NY市場の影響を強く受ける値動きになる。
(青は日経平均、オレンジはNYダウ)

NYVCnikkeiinNY.png


225先物は現在、日中(8時45分~15時15分)と夜間(16時30分~5時30分)の2セッションの区切りがある。

l僕のシステム的には、この2つのセッションの区切りがあることで、寄り引けのトレードが可能になり、サイコロ投資に極めてマッチするありがたい取引環境になっている。

225先物のナイトセッションのトレードは、16時30分~翌朝5時30分の間にトレードを完結するナイトセッションに特化した寄り引けシステムだ。

夜間は今まで説明したように日中とは全く別の相場環境になるので、日中とは違った仕掛けが必要になる。

日中に行うデイトレのサイコロ投資は、短期の逆張りを基本としたトレードだが、夜間は逆に短期の順張りを基本としたトレードになる。

ナイトセッションで使用するシステムはデイトレで使用している「サイコロシステム」を順張り的に使うやり方で採用している。

夜間は上記の説明からもわかるように上昇相場で、売りは適さないと思われるが、サイコロシステムを順張りに応用して使用することで、ロングとショート両方のポジションを取っても同じバランスで利益が出るように設計している。

(青はロング、オレンジはショート)
ナイトセッション


2011年8月~2019年6月現在(ラージ1枚)

225night.png


損益 +11,820,000円
294勝246敗(勝率54.4%)
最大ドローダウン 980,000円
シャープレシオ 0.17

年度別損益
2011年 -340,000円
2012年 +370,000円
2013年 +2,810,000円 
2014年 +1,570,000円
2015年 +1,700,000円
2016年 +1,400,000円
2017年 +560,000円
2018年 +2,920,000円
2019年 +830,000円(6月現在)

ナイトセッションの値動きとシステム損益の比較
(青がシステム、オレンジがナイトセッションの値動き)

nightindexvs.png


225先物インデックスとシステム(デイ+ナイトセッション)の比較 2011年8月~

vsindexdaynaight.png


インデックスが+113%に対して、アクティブ運用したシステムは+350%と、インデックスを大きく凌駕している。

225先物ナイトセッショントレードについて

【取引時間】 16時30分~翌朝5時30分

【注文方法】
エクセルサインファイルで「買い」、「売り」を確認後、成り行き注文とロスカット注文を入れると、後は自動で翌朝の5時30分に自動決済。(松井証券・1日先物口座)

【注文時間】 16時10分~16時30分
※16時30分以降の注文はスプレッドが発生する為、システムよりも不利な損益になる場合があるので注意。

【必要資金の目安】ミニ1枚あたり
リスク50% 24万円(最大DD10万円÷50% + 証拠金4万円)
リスク20% 54万円(最大DD10万円÷20% + 証拠金4万円)

【必要な環境】
マイクロソフトエクセル

【推奨証券会社】
松井証券・一日先物口座

【セミナーについて】
225先物又はTopix先物ナイトセッションのマンツーマンセミナー

【場所】
埼玉県上尾市の事務所又はスカイプ

【時間】 
13時~15時

【日程】
ご希望の日程を2~3候補ご連絡ください

【料金】
●225.先物ナイトセッションシステム 148,000円
お申し込みはこちら

Topix先物ナイトセッションシステム 148,000円
お申し込みはこちら

●2つのシステムまとめて受講の場合 198,000円
お申し込みはこちら

【資料】
エクセルサインファイル
システム概要及び操作説明

【サポート】
無期限.で行います

【お問合せ】
048-677-9112
fxwin0402@yahoo.co.jp
ぷーやんまで
[ 2019/06/27 14:02 ] セミナー | TB(0) | CM(0)

たった0.001秒という時間を短縮するために一生を懸けた男たち

hummingbirdproject_0hero-h_2018.jpg

【無料勉強会】のお知らせ
【日時】 7月13日 13時~15時
【場所】 東京・銀座シックス9F
【締め切り】 6月25日(先着30名)
詳しくはこちら


まっすぐ、まっすぐ、とにかくまっすぐ進むんだ...

途中で民家があっても、山があっても、川があっても、ダムがあっても、とにかくまっすぐ進むんだ。

何をまっすぐ進めるのかというと、光ファイバー回線。

まっすぐ進むとどうなるかというと、株の取引で年間500億円儲かるのだ。

このうそのような本当の話は、アメリカの野心家と天才プログラマーがタッグを組み、ミリ秒単位の高速で株の売買を行う超高速取引システムを考え.た時から始まった。

原作はマイケル・ルイス が2014年に出版した「フラッシュ・ボーイズ 10 億分の1秒の男たち」




超高速取引とはHFTと呼ばれ、1秒に満たないミリ秒単位のような極めて短い時間の間に、コンピューターでの自動的な株のやり取り戦略を実施するシステムのことで、わずか0.001秒早いだけで、莫大な利益を上げることhができる。

光回線というのは、通常まっすぐ敷かれているわけではなく、右へ行ったり左へ行ったり紆余曲折しながら相手へ情報が届く。

この時の伝達スピードは、回線が紆余曲折しながら届くよりも、物理的にまっすぐに伸びている方が速くなる。

そこでとにかく伝達スピードを上げるために回線をまっすぐに敷く必要があるのだ。

実際にカンザス州のデータセンターからニューヨークの証券取引所までの直線1,600kmを光回線で繋ぎ、従来よりも0.001秒速いネットワークを実現するプロジェクトを立ち上げる。

しかし彼らの前には、1万件の土地買収など、苦難に次ぐ苦難が立ちふさがることになるが、それでも500奥円を夢見て、目の前に何があろうとまっすぐに突き進んでいくのある。

この光回線をカンザス州からニューヨークまで直線に引く常軌を逸したプロジェクト。

つくづくアメリカ人はバカだと思うが、この偉大なバカさ加減が僕がアメリカ人を好きな理由の一つだ。

たった0.001秒という時間を短縮するために一生を懸けた男たちの驚愕の実話。

はやく観たいな~。

9月27日公開

ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/24 09:19 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


【無料勉強会】のお知らせ
【日時】 7月13日 13時~15時
【場所】 東京・銀座シックス9F
【締め切り】 6月25日(先着30名)
詳しくはこちら


先週の成績
6月17日~6月22日

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
+400,000円

2007~2019/5
+34,070,000円

22505.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+0円

2007~2019/5
+27,775,000円

topix05.png


JPX先物デイトレ(10枚)
+0円

2015年~2019年5月
+8,600,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
+170,000円

2016年8月~2019年5月
+7,020,000円

m0616.png


NTナイト(225先物-Topix先物両建)ラージ1枚
+115,000円

2007~2019年5月
+9,505,000円

nr63.png


半沢の直樹システム(NT両建)
+435,000円

2009~2019/5
+21,640,000円

hanzawa63.png


しまうまリターンズ
+0pips

2018年1月~2019年5月
+5,800pips

shimauma63.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
-6,620円

2010年12月~2019年5月
+14,978,227円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト
+90,000円

2016年8月~2019年5月
+8,705,000円

mothers63.png


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/23 09:13 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

テスラのオートパイロット

gettyimages-492682160.jpg


【無料勉強会】のお知らせ
【日時】 7月13日 13時~15時
【場所】 東京・銀座シックス9F
【締め切り】 6月25日(先着30名)
詳しくはこちら


AIが本領を発揮する本命はなんといっても自動運転だろう。

基本的に運転することがあまり好きでない僕は、AIがやってくれる自動運転の時代を誰よりも早く望む一人だ。

自分で運転するのが好きな人でも渋滞に巻き込まれる度に、「あ~かったるいな~、自動運転してくれよ」と思うはずだ。

自動運転といえばテスラが真っ先に頭に浮かぶ。

アメリカではフリーウェイをガンガン自動運転で走らせているドライバーは多いらしく、「おいおい、そんなに機械を信用して大丈夫なのか?」と不安もよぎる。

そう思っていると案の定、テスラの自動運転は事故が多いという噂である。

カリフォルニアでは停車中のパトカーに突っ込んだし、ユタ州ではこれまた停車中の消防車に突っ込む事故を起こしている。

相次ぐ事故にはある共通点がある。

テスラのオートパイロット(自動運転)」モードを使った状態で、停車中の大型車に突っ込んでいることだ。

アメリカのフリーウェイで行き先などを表示する看板は日本のものより大型で、日差しなど悪条件の下では、停車中のトラックの車体を看板と誤認し止まり損ねるケースが多いらしい。

自動運転の基本の機能である車線維持でも不安の声は多く、テスラを通勤で使うあるIT企業の従業員は「オートパイロットで車線の横に壁がある道路を走っていると壁にぶつかりそうになる」と話す。

こうした証言はネットなどで多くのドライバーが指摘しており、テスラの技術が未熟というよりも、現状の市販価格のシステムはみな同じような課題を抱えている。

トヨタでは「そんな未熟な技術を「オートパイロット」と称して売るテスラがおかしい」というありさま。

「オートパイロット」は飛行機では当たり前の自動操縦だが、車の世界ではまだもう少し先のようである。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/21 11:32 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

何曜日に株は上がるか?

weekday.jpg


【無料勉強会】のお知らせ
【日時】 7月13日 13時~15時
【場所】 東京・銀座シックス9F
詳しくはこちら


今日は株が上がるか下がるか?

マーケットの寄り付き前には、市場関係者や投資家なら誰もが考えることだ。

昨夜のダウは?
ドラギが何か言った?
カーニーが何か言った?
トランプがまた何か余計なこと言った?

洪水の様に流れ込む経済指標や要人発言などをアレコレと必死に分析し、今日は買いか売りかを決める。

上か下か?、〇か×か?、右か左か?、赤か黒か、丁か半か?

二者択一の世界というのは簡単なようで難しい。

2つに一つなので誰でも当たるが、何回も続けると当たったり、外れたりする。

それだけなら勝ったり負けたりなので結果はイーブンだが、勝ち負けというのは決して交互に訪れるわけではなく、勝ちが続いたり、負けが続いたりするのがランダムの動きだ。

そこに人間の感情が入り込んだ時、負け続ける局面でほとんどの人間は心が折れ、次の勝負から逃げてしまうので、大抵の勝負事は負け逃げで終わってしまうことになる。

2つの内、どちらか1つを当てる勝負が、実際には決して勝率50%にならない理由である。

そこで統計の出番となる。

過去の数字を使って、特定の日に起こりやすい現象を調べて未来予想をするのだ。

例えば「今日の日経平均株価が上がるか下がるか」を予想するとしよう。

ここでは例として過去の木曜日に起こった日経平均の動きを見ることにする。

日経平均株価の動きとは、市場が開いた時から閉まるまでの1日の動きとする。

過去の木曜日の値動き

thursday.png


いきなり何だかよく傾向がわからないグラフになった。

ところが「前日に上がったか、下がったか」というフィルターを入れてみると景色は一変する

前日に日経平均が上昇した場合

jousyo.png

前日に日経平均が下落した場合

geraku.png


「前日に上昇するか下落するか」というフィルターを入れることによって結果が激変する。

つまり木曜日は前日の値動きとは逆の値動きになるということがわかる。

過去の統計というのは必ずしも未来予測に役立つ訳ではないが、そこに何かしらの因果関係が認められれば、これは立派な未来予想のツールになる。

木曜に起こる何かしらの株価を動かす原因が何かあるのだろうか?

興味のある方は是非調べていただきたい...。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/20 11:43 ] トレード手法 | TB(0) | CM(0)

クレイジー・リッチ

4f4cc74d41b373c91e90aaed801b16e6.jpg


【無料勉強会】のお知らせ
【日時】 7月13日 13時~15時
【場所】 東京・銀座シックス9F
詳しくはこちら


クレイジー・リッチ

突き抜けた大金持ち

シンガポールを舞台に繰り広げられるこの映画は、アジアのクレイジー・リッチ達の異次元の世界を楽しませてくれる。

シンガポールとは庶民が住むところではなく、お金持ちが住むところだということが、この映画を観るとよく理解できる。

かつてアメリカは経済の大きな部分を中級の普通の庶民が占めていたが、今ではごく一部の大金持ちが独り占めするようになり、庶民は完全に外に追いやられた。

その結果、アメリカはシンガポールと同じように、お金持ちには極めて素晴らしいところだが、お金持ち以外の人にとっては生活するのには辛すぎる場所になってしまった。

GAFAに代表される行き過ぎた資本主義は、冨の独占を招き、今後も世界で益々お金持ちと貧乏人の二極化が進むだろう。

お金持ちからお金を絞り取り、富の再配分が徹底され、究極の社会資本主義と言われる日本は、世界でも類を見ない格差の小さな国だ。

普通を愛し、他の人と同じであるということに究極の安らぎを感じる多くの日本人の目に、クレイジー・リッチはどのように映るのだろうか。

まるで想像の片隅にも置けない夢物語と一蹴するのか、クレイジー・リッチになる日を指折り数えて待っているのか。

あなたはどちらの人だろうか....

ネットフリックスで見れるよ

CRAZY RICH ASIANS

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/19 11:21 ] 雑感 | TB(0) | CM(1)

【無料勉強会】のお知らせ

046774378cc5dc0a8be187b74f8b0912.jpg



直近のマーケットを分析した数々のロジックを会員の方にご紹介してきた、「億り人になるための勉強会」を月一回開催してきた。

会員同士で新しいアイデアや情報を共有し、有効性のあるシステムが次々と生まれ、実に有意義な勉強会だった。

老後資金に2000万円が必要との報道に焦る人や、タンスの肥やしになっているお金を少しでも有効に増やしたいという方など、勉強会に関するお問合せを現在も沢山いただいている。

そこで今回は少しでも勉強会の内容を知っていただく目的で、「無料勉強会」を開催することにした。

無料と言ってもわざわざ開催するので、参加される方には相場の「魔法のランプの擦り方」をお教えしようと思う。


相場とは未来予測が不能で素人が手を出してはいけないもの...

本当にそうだろうか?

これは株の個別銘柄を●●するだけの極めて簡単なやり方で、あまりにも簡単すぎて腰を抜かすくらいだが、このようにきちんと機能する。
2014年~

kobetukabu.png


一方こちらは、INDEX(225連動)のETFを同期間持ち続けた場合の成績

index.png


2つを比較したグラフ(青がINDEX,、オレンジが個別株)

hikaku.png


通常、アクティブ運用はINDEXに勝てないのが通説だが、結果は見ての通り個別銘柄を選択したアクティブ運用の方が、利益も安定性もINDEXより断然優れていることがわかる。

しかもアクティブ運用といっても難しい分析など一切必要とせず、個別株を●●するだけの誰でもできる極めて単純なやり方で、プロでもINDEXに勝つのは難しいと言われるアクティブ運用を可能にしているのである。

このようにちょっとしたマーケットの構造を知るだけで、あなたは何も知らないで誰だかわからない人から勧められた投資信託を買うだけの投資家よりも1光年先を行っていることになる。

今回の無料勉強会は、東京23区中心に不動産業を展開する、株式会社オープンハウス様の、ギンザ・シックス内にある富裕層向け会員制ラウンジをお借りしての勉強会。

1光年先に行きたいあなたのご参加をお待ちしています。

-----------------------------------

【内容】
●INDEX運用に打ち勝つアクティブ運用方法
仮想通貨を使った運用方法

【日時】 7月13日 13時~15時
【受講料】 無料
【場所】 東京・銀座シックス9F OPEN HOUSE GINZA SALON
【締め切り】 6月25日(先着30名で締め切り)

参加ご希望の方は、フルネームをご記入の上、以下までご連絡ください。
折り返しご連絡します。

件名 「勉強会参加希望」
fxwin0402@yahoo.co.jp
ぷーやんまで

※定員に達した時点で締め切りとなります。

-------------------------------------
[ 2019/06/18 10:38 ] トレード手法 | TB(0) | CM(0)

ビットコイン再び100万円到達

bi.jpg


ビットコインが再び息を吹き返している。

価格は約1年ぶりに100万円の大台を回復。

WS00055000.jpg


ピークの200万円で買わされた人はようやく資産が半分にまで回復した訳だが、今後の動きが注目される。

100万円が壁になるのか、果たしてブレイクアウトするのか?

「夢よもう一度」と、多くの人が神に祈り、期待に胸を膨らませている。

しかし神に祈りを捧げなくても、ビットコインのクセがわかれば激しい値動きにも対応できるシステムはある。

僕の検証では、ビットコインを含め仮想通貨はブレイクアウトがとてもよく機能する傾向にある。

つまりモメンタムが発生したらその流れについていくトレンドフォローの戦略が有効のようだ。
System1
2017年1月~
+4,382ドル

tyope1.png


しかしトレンドフォローの欠点は、トレンドが無くなりレンジ相場になると、なかなか利益を上げることが出来なくなる。

後半の期間に利益が出ずに損益が横ばい状態になっているのがそうだ。

そこでレンジ相場にも対応できるようにあるフィルターを付け加えたところ、このように素晴らしい右肩上がりになった。
System2
2017年1月~
+2,213ドル

bitcoinstrategy.png


2つシステムを比べると、System1の損益がSystem2の損益よりも2倍稼いでいるので、損益だけを比較するとSystem1の方が良いように見える。

この2つのシステムを比較し、どちらのタイプで運用したいかと尋ねた場合、多くの人は損益がより大きいSystem1を選択するのではないだろうか。

フラット(枚数固定)運用ではあまり違いは判らないかもしれいが、これを残高に合わせて枚数を増やしていく資金管理をすると、損益曲線が大きく違ってくる。

System1を資金管理した場合
+722,885ドル

system1.png


System2を資金管理した場合
+1,492,656ドル

system2.png


特に後半あたりから2つのシステムに大きな違いが見られ、System1よりもSystem2の方が、ロットが増えても奇麗に損益が上昇しているのがわかるだろう。

ともに5000ドルでスタートした資金は、System1が+722,885ドル、System2が+1,492,656ドルと、資金管理をすると損益は逆転し、圧倒的な差がついたことになる。

このようにシステム成績の比較というのは、フラットベースで単純に損益だけを比較すると、大きな間違いを引き起こすことになる。

フラットベースで考えた場合、大事なのは損益の最大化ではなく、損益のブレがなく安定していることが、後々資金管理を施した場合に極めて大きな差になるということである。

「損益、利回り、勝率」というのはシステムの良し悪しを判断するには重要な要素であるが、システムの安定性という要素がすっぽり抜けると絵に描いた餅になってしまう。


ウサギと亀

最初はゆっくりでも最後に勝つのは亀なのである。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/17 09:19 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
6月10日~6月15日

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
+130,000円

2007~2019/5
+34,070,000円

22505.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+85,000円

2007~2019/5
+27,775,000円

topix05.png


JPX先物デイトレ(10枚)
-115,000円

2015年~2019年5月
+8,600,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)※パラメータ変更
+30,000円

2016年8月~2019年5月
+7,020,000円

m0616.png


NTナイト(225先物-Topix先物両建)ラージ1枚
+70,000円

2007~2019年5月
+9,505,000円

nr63.png


半沢の直樹システム(NT両建)
+365,000円

2009~2019/5
+21,640,000円

hanzawa63.png


しまうまリターンズ
+0pips

2018年1月~2019年5月
+5,800pips

shimauma63.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
+14,990円

2010年12月~2019年5月
+14,978,227円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト
-40,000円

2016年8月~2019年5月
+8,705,000円

mothers63.png


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/16 09:44 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

ビジネスクラスで世界一周

csm_star-alliance-25-C_t-EcyXUAE4PGf_fb7fbacbb8.jpg


子供の頃から地図を見るのが好きだった。

国内はもちろん、世界地図や地球儀を暇さえあれば眺めていた。

日本を出発してオーストラリアへ行ってインドへ行ってフランスへ行って、、、

世界の都市に印をつけながら、次の都市へ鉛筆で線を引いて乗り継いで行くと、飛行機で世界旅行をしている気分で楽しかった。

中国のラーメンはどんな味がするのだろうか?
エジプトではラクダに乗れるのだろうか?
アメリカの野球場はどれくらいデカイのだろうか?

想像しながら地図を眺めているだけでワクワクした。

旅というのは出発前の計画をしている時が一番楽しいものである。

今では地球儀をながめなくてもグーグルアースで簡単に世界旅行ができる時代になった。

しかしやはり旅は実際に行かないと意味がない。

自分で見て、触って、食べて、匂いを嗅いで、知らない人と会話して、五感で感じることが重要なのは言うまでもない。

しかもどうせ行くならビジネスクラスが良いということで、スターアライアンスの世界一周チケットを調べてみた。

世界一周予約


東京を出発して西回りにアジア→中東→ヨーロッパ→アメリカを回るルートだ

全ての区間をビジネスクラスを利用して、総額が850,230円

思ったほど高くない

東京とヨーロッパの往復が50万円以上することを考えれば、世界一周はかなりコスパが高いということに気が付いた。

しかし一人ならいいが家族を連れて行くとなると、ちと辛い...

独身のあなたなら、家庭を持つ前に是非ともビジネスクラスで世界一周へ行っておこう。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------

[ 2019/06/10 08:56 ] 雑感 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
6月3日~6月8日

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
+130,000円

2007~2019/5
+34,070,000円

22505.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+45,000円

2007~2019/5
+27,775,000円

topix05.png


JPX先物デイトレ(10枚)
-45,000円

2015年~2019年5月
+8,600,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)
+0円

2016年8月~2019年5月
+6,490,000円

m.png


NTナイト(225先物-Topix先物両建)ラージ1枚
-165,000円

2007~2019年5月
+9,505,000円

nr63.png


半沢の直樹システム(NT両建)
+790,000円

2009~2019/5
+21,640,000円

hanzawa63.png


しまうまリターンズ
+0pips

2018年1月~2019年5月
+5,800pips

shimauma63.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
-125,060円

2010年12月~2019年5月
+14,978,227円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト
+110,000円

2016年8月~2019年5月
+8,705,000円

mothers63.png


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/09 10:20 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)

月末と月初めの傾向

fc2blog_201906071122067e5.png


市場というのは効率的で、すべての情報が価格に織り込まれた結果であるという、いわゆる「ランダムウォーク理論」というのがある。

「ランダムウォーク理論」では、チャートパターンの多くは幻想で、チャートが当たっているように見えるのは後付け効果に過ぎないと結論付ける。

目の前でいろいろなチャートパターンを見せられて、「ほら、ここがサポートで、このレジスタンスを抜ければブレイクして...」などと説明している書籍をあなたも何度も見たことがあるだろう。

人間というのは目先で起こっていることが将来も起こると信じてしまう「確証バイアス」という心理があり、こうしたチャートパターンを多く見せられれば見せられるほどその傾向は強まる。

まあ確かに当たるときもあれば外れる時もあるわけで、チャートパターンの真偽のほどは僕にもよくわからないが、かと言って市場が必ずしも効率的でランダムウォークしているというのもイマイチ頷けない。

特に株や先物の動きというのは、ランダムウォークでは説明できない明確なパターンが多く見受けられるからだ。

例えばここにマザーズ先物の値動きを示した2枚のグラフがある。

一つは月末のマーケットの値動きと、もう一つは月始めのマーケットの値動きだ。

月末のマーケットの値動き

月末は上昇する


月始めのマーケットの値動き

初月から下がる


月末には明らかに上昇し、月初めは明らかに下落しているのがわかる。

問題はこのパターンが将来も高い確率で起こりうるのかどうかということだ。

株や先物には「権利落ち」や「限月」といった特殊な区切りがあり、そういったイベントが特定の値動きのパターンに影響しているとも言えなくもない。

この2つのグラフを見て、「これだ!」と思うあなたはもう後は何も考える必要はない。

昨晩のNYの動きも、企業の決算内容も、移動平均も余分な事は何も考える必要がなく、単純に月末になれば買い、月初めには売れば簡単に儲けることができるかもしれないということだ。

.さあこれは果たして都市伝説なのだろうか?

信じるか信じないかはあなた次第である。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/07 11:50 ] トレード手法 | TB(0) | CM(0)

マザーズ先物デイトレシステムの改良

nogood.png


絶賛ドローダウン中のマザーズ先物デイトレシステム

ロジックは変更せずに、サインが出た時の損益を分析してみた。

エントリーサインは連続で同じ方向へ出ることがあり、連続するサインの回数により期待値が変動するようだ。

そこでロングとショートでエントリーにフィルタをかけて最適化をしたところ、このような結果に
+658,000円
89勝59敗(勝率60.1%)
最大ドローダウン 46,000円

kairyo.png


こちらは現状の成績(1枚 2016年8月~)
+649,000円
204勝193敗(勝率51.4%)
最大ドローダウン 126,000円

jurai.png


差は明らかで、無駄なエントリーが減ったのでドローダウンも小さくなり安定しているのがわかる。

エントリーのフィルターはこんな感じ

【ロングサイン】
最初のサインではエントリーしない
2連続でサインが発生した時のみエントリーする
3連続以上サインが発生してもエントリーしない

【ショートサイン】
最初のサインではエントリーしない
2~6連続サインまでエントリーする
7連続以上サインが出たらエントーしない

これでしばらく様子を見てみることにしようと思う。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------





[ 2019/06/05 13:35 ] トレード手法 | TB(0) | CM(0)

先週の成績

64300829.jpg


先週の成績
5月27日~5月31日

225先物(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベットver2(枚数固定) 
+320,000円

2007~2019/5
+34,070,000円

22505.png


Topix先物ver3(ラージ1枚)
デイトレ・フラットベット(枚数固定)
+60,000円

2007~2019/5
+27,775,000円

topix05.png


JPX先物デイトレ(10枚)
+10,000円

2015年~2019年5月
+8,600,000円

jpx.png


マザーズ先物(10枚)
-250,000円

2016年8月~2019年5月
+6,490,000円

m.png


NTナイト(225先物-Topix先物両建)ラージ1枚
+25,000円

2007~2019年5月
+9,505,000円

nr63.png


半沢の直樹システム(NT両建)
-1,780,000円

2009~2019/5
+21,640,000円

hanzawa63.png


しまうまリターンズ
+50pips

2018年1月~2019年5月
+5,800pips

shimauma63.png


●VIXver4(国際のETF VIX短期先物指数)
+18,160円

2010年12月~2019年5月
+14,978,227円

VIX63.png


●マザーズ先物・ブレイクアウト
+10,000円

2016年8月~2019年5月
+8,705,000円

mothers63.png


応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/06/03 09:48 ] トレード結果 | TB(0) | CM(0)
手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ