FC2ブログ

FX・先物相場は僕のATM!?

FX・株・先物の資産運用で国に頼らずに自分年金を作るブログ

アメリカはインデックスファンドで十分儲かる

usa-750x375.jpg


【誰でも簡単にできる相場のアノマリー分析】
エクセルを使った簡単な操作で、マーケットから宝の山をいくらでも見つけることができる。
詳しくはこちら


ウォールストリートの記事によると、アメリカのインデックスファンドの資産額が初めてアクティブ運用ファンド上回ったらしい。

ウォール街の新たな王者、インデックスファンド

これは金融市場初めての出来事といい、まさに歴史的な転換期だと言われている。

前回の無料セミナーでもお話ししたが、元々米国のマーケットはずっと右肩上がりなので、米国市場においてはバンガードETFなど、市場平均に連動するインデックスを買うだけで十分だ。

NY5.png


下手に市場平均より儲けようとアクティブ運用したところで、大勝ちする年もあるが、大負けする年もあり、結局トータルで見たらインデックスに勝てない。

アメリカ人が貯蓄するよりも株に投資する人が多いというのは、米国市場はずっと成長を続けているので、インデックスを買っている限りはそちらの方が合理的だという判断だ。

一方我が国も、アメリカに倣えと「貯蓄から投資へ」とスローガンのもと、長期の資産運用で日本市場のインデックスを勧めている。

しかし日本市場は過去30年間、1ミリも経済成長していないマーケットであり、このチャートを見れば誰もこの市場で長期のインデックスを買おうとする人はいないだろう。

JP5.png


残念ながら今後の経済成長が見込めない日本市場ではインデックス買いは資産を減らすだけの投資に終わる。

では日本ではアクティブ運用が良いのかといえば、これまた過去アクティブ運用しているファンドは全滅なので、こちらもアウトだ。

アクティブ運用がうまく行かないのは日本もアメリカも同じだが、アメリカには市場の成長に乗っかれるインデックス運用という最強の武器がある。

だからアメリカでインデックス運用の資産がアクティブ運用を上回るというのは、当然と言えば当然の結果なのかもしれない。

ファンド会社が市場平均を負かそうと銘柄選択をやっても、実態は鉛筆をなめてやっているに過ぎないということを、ようやく多くのアメリカ人が気付いたのだろう。

日本人の資産運用の将来が益々暗いものになっていく...

もはや、相場が難しいとか面倒くさいとか言っている場合ではない。

あなた自身もマーケットを研究する必要に迫られているのだ。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
スポンサーサイト



[ 2019/09/21 09:28 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

先物取引がついに祝日も取引される

syukujitu.gif


【誰でも簡単にできる相場のアノマリー分析】
エクセルを使った簡単な操作で、マーケットから宝の山をいくらでも見つけることができる。
詳しくはこちら


祝日の先物取引が検討されているそうだ。

日本は世界に比べて圧倒的に祝日が多い国だそうだが、金融のようなグローバルの世界においては、もちろん日本の祝日など関係なく相場は動いている。

記憶に新しいのは今年のゴールデンウィーク。

10連休という前代未聞の祝日の間、日本のマーケットは完全にお休みで、世界から完全に孤立していた。

米中貿易摩擦、中東問題や世界の景気後退など様々な影響が金融マーケットに押し寄せる中、日本だけが空白の期間があっては、株を買っている人はおちおちと夜も寝てもいられないだろう。

祝日も相場が空いているということは、マーケットの歪を狙って毎日デイトレするトレーダーにとっては、収益機会が増えるのでありがたいことではある。

その一方で、過去の値動きから得たアルゴリズムへの影響がどれだけあるのかは今後の課題になるだろう。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/09/20 10:12 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

株のデイトレは手数料が0円

E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9A-111.jpg


以前のブログで225先物取引.の手数料が250円→150円に値下げして嬉しいという記事を書いた。

225先物の手数料がとても安くなった

40%オフという値下げに驚いたが、実は信用取引を使った個別株デイトレではかなり以前から手数料が0円というのはご存じだろうか?

デイトレのみが対象だが、どれだけ沢山の銘柄を取引しても、当日に決済した場合は手数料は全て0円になる。
楽天証券


信用取引なので買いも売りも可能で、複数銘柄を仕掛けるロングショートのような戦略の場合は、破壊的なメリットがある。

手数料が0円ということは、ほんの少しの値幅を狙っても利益になるということで、昔の様に手数料が高い時代ではとてもできなかったことが今ならできるようになった。

手数料の観点からも個別株のロングショートは極めて有効な投資戦略だと言えるのではないだろうか。

個別株の研究が面白い

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/09/09 10:34 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

国の勧める資産運用で老後資金を稼ぐというのはファンタジーでしかない

u-g-PNCLI70.jpg


株をこれから始めてみたいと考えている人は最近多くなっているようだ。

そりゃこれだけ国が「老後資金が2000万円足らない」だの、「68歳まで働かないと生きていけない」だのと国民を煽りまくっているのだから、「資産運用てめんどくさいなあ」と思っている人達もようやく事の重大さに目覚めてきたのだろうか。

悪質なのは国の政策で、NISAやイデコに資金を集めたいばかりに、国民にあの手この手でNISAやイデコといった投資信託を買わせようとしている。

NISAやイデコといった投資信託は日本株の銘柄を組み合わせたファンドだ。

これから株をやろうとしてるのなら、イデコという商品を一度調べてみるとよい。

掛金が全額所得控除になるとか、運用利益が非課税になるとか、いろいろと節税メリットをうたっているが、そんなゴミのようなメリットよりも、もっと強烈なデメリットがある。

それは60歳まで積み立てたお金を引き出せないということである。

これがどのくらい恐ろしいことかというと、過去の日本株の値動きを見れば一目瞭然だ。

これは過去30年の日経平均株価の値動きを表したグラフである。

nikkei30year.png

30年前といえば日本経済が世界で一番お金持ちの国だった頃の1989年。

それから30年間、日経平均はは1ミリを株価を更新することなく沈んでいるのがわかる。

こんな経済成長しない国の株で構成されているイデコの投資信託を買い、老後資金に不足する2,000万円を稼ぐことがはたして本当に可能なのだろうか?

財務省、金融庁、厚生労働省、日銀、政府の皆さんのなかでどのくらいの人が、イデコの投資信託を老後資金を稼ぐ目的で積立しているのだろうか?

NISAやイデコといった国の勧める投資信託は、節税効果をうたいながらも、管理手数料を差し引かれると実は節税効果などたかが知れており、ゴミのような金額にしかならない。

役人の天下り先であるNISAやイデコは高い手数料を設定して、自分たちの給料に充てる必要があるので、その手数料を払ってくれる人、つまりあなたのような運用資金を預けてくれる人を集める必要がある。

イデコにお金を預けるということは、日本株を将来持ち続けることを意味する。

ゴミのような節税できるお金をちらつかされ、60歳まで一切引き出せないものを誰が好き好んで買うだろうか。

それはこの過去30年の日経平均のグラフを見たことのない人が買うのである。

それがあなたでないことを心から祈る。

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/09/08 12:01 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)

個別株の研究が面白い

5586987.jpg


このブログがスタートした時は、「FX相場は僕のATM」というタイトルだった。

何やら胡散臭さ全開のタイトルであったが、FXのトレードに関することをつらつらと書いていた。

その後、FXだけでなく先物のトレードに関することも書き始め、今ではすっかり先物トレードがメインになってきた。

ブログのタイトルも「FX・先物相場は僕のATM」と変更し、「FX」の後に「先物」を追加した。

先物はJPXやマザーズが追加され、225とTOPIXを合わせると合計4つの商品があるが、システムの幅を広げるという意味では、銘柄数が少ないので自ずと限界がある。

一方個別株に目を向けると、上場銘柄数は3,600銘柄あり、これらを対象にしたシステムの取り組みはほぼ無限に展開可能になるということに今更気が付いた。

依然のブログでご紹介したロング・ショート戦略もその一つで、数十銘柄をポートフォリオで組み合わせることで、その安定感は他の商品とは比べものにならないくらいほど強力になる。

ロング・ショート戦略

個別株というのは指数先物と違い、それぞれ銘柄の個性が強烈で、大きく動く銘柄、ほとんど動かない銘柄、指数と同じ動きをする銘柄、指数と逆の動きをする銘柄など、マーケットの地合いに全く影響を受けない銘柄も多く存在する。

個別株は先物と比べて多くの銘柄を研究する必要があり面倒なのと、レバレッジも効かないので今まではあまり魅力を感じなかった。

しかしいざ研究を始めてみると、複数の銘柄を検証対象にすることでリスクを徹底的に分散することが可能になり、シンプルなトレードルールでもポートフォリオ効果で極めて安定した運用ができるということに気が付いた。

実際の運用においては、個別株は空売り規制が掛かったり、株式分割が行われたり、整理ポストに入ったり、単元株が変更になったり、急な業績悪化で株価が暴落したりなど、指数先物では考える必要もないことを常に監視する必要がありかなり大変だ。

しかしその煩雑さも安定性という対価を得られると考えれば大した苦労ではない。

他の金融商品の研究開発ももちろん続けていくが、個別株は奥が深く、今後もいろいろ面白い展開ができそうで少々興奮気味である。

ブログのタイトルもそろそろ見直ししようかな...

応援よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

--------------------------------------------------------
目からウロコのトレード手法を公開
「極秘レポート」の入手はこちらから(無料)

受講可能なセミナーはこちら
----------------------------------------------------
[ 2019/09/03 11:10 ] 相場という世界 | TB(0) | CM(0)
手法無料プレゼント
PDF2
--------------------
【相場について】
●血の滲むような努力
●サラリーマンこそ相場を
●ノマド生活をしてみる
●あなたも1億円プレーヤ
●システムトレードを使って
●賭けをすることで人は強く
-------------------
【トレード研究記事】
●25年間勝ち続ける投資法
●Mの公式
●ノートレフィルタ
●年率390倍の投資法
●ビットコインで積立投資
●サイコロ投資法
-------------------
【日経225先物・デイトレver2】
(ラージ1枚)
単位:円
2019年(8月現在) +3,840,000
2018年 +1,550,000
2017年 +1,820,000
2016年 +4,400,000
2015年 +2,360,000
2014年 +2,950,000
2013年 +5,860,000
2012年 +400,000
2011年 +770,000
2010年 +2,190,000
2009年 +1,810,000
2008年 +4,340,000
2007年 +3,150,000
-------------------------
【TOPIX先物・デイトレver3】
(ラージ1枚)単位:円
2019年(8月現在) +615,000
2018年 +1,715,000
2017年 +1,705,000
2016年 +2,780,000
2015年 +1,585,000
2014年 +2,240,000
2013年 +5,695,000
2012年 +355,000
2011年 +915,000
2010年 +1,625,000
2009年 +2,020,000
2008年 +3,265,000
2007年 +3,765,000
-------------------------
【半沢の直樹システム(NT両建)】
ミニ1~10枚可変(単位:円
2019年(8月現在) +205,000
2018年 +367500
2017年 +233000
2016年 +440500
2015年 +293500
2014年 +42000
2013年 +270000
2012年 +171500
2011年 -34000
2010年 +130000
2009年 +283000
-------------------------
【マザーズ先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +148,000
2018年 +386,000
2017年 +186,500
2016年 -5,000
-------------------------
【マザーズ先物ブレイクアウト】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) +91,000
2018年 +237,000
2017年 +423,000
2016年 +147,500
-------------------------
【JPX先物デイトレ】
(1枚)単位:円
2019年(8月現在) -640,000
2018年 +2,600,000
2017年 +2,135,000
2016年 +2,185,000
2015年 +1,415,000
-------------------------
【225先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) -130,000
2018年 +2,920,000
2017年 +560,000
2016年 +1,400,000
2015年 +1,700,000
2014年 +1,570,000
2013年 +2,810,000
2012年 +370,000
2011年 -340,000
---------------------
【Topix先物ナイトセッション】
(単位:円(ラージ1枚 )
2019年(8月現在) +1,095,000
2018年 +1,000,000
2017年 +850,000
2016年 +1,760,0000
2015年 +790,000
2014年 +1,250,000
2013年 -160,000
2012年 +0
2011年 +0
---------------------
【コンテンツ】
敗軍の将兵を語る~本当は語りたくない悲惨な敗北
●僕の本棚
●お金を題材にしたDVD
●メルマガ・バックナンバー
●相場関係の動画集
---------------------
【SNS】
●YouTube
●フェイスブック
●ツイッター
●オフ会
---------------------
Big Tomorrow【2012年1月号増刊号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 増刊 元手10万円を1年で1000万円に増やすFXの必勝法 2013年 01月号 [雑誌]

Big Tomorrow【2012年9月号】に記事掲載

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2012年 09月号 [雑誌]

¥スパ【2011年秋号】に記事掲載

en SPA ! (エンスパ) 2011年 10/16号 [雑誌]

FX攻略.com【2011年9月号】に記事掲載

月刊 FX (エフエックス) 攻略.com (ドットコム) 2011年 09月号 [雑誌]
--------------------
出版・取材のお申し込みはこちら
fxwin0402@yahoo.co.jp
048-677-9112
検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
目からウロコのトレード手法を公開中。登録は今すぐ!
メルマガ購読・解除
 



ブログパーツ